スジ【守りの基本】 麻雀で勝つためには

トップページ麻雀で勝つためには >スジ【守りの基本】

麻雀で勝つためには

スジ【守りの基本】

和了りやすいテンパイ形として、両面(リャンメン)待ちのことを取り上げました。
アガリやるいが故、テンパイ時は両面待ちの傾向が強いと言えます。
その点に目をつけた守りの基本がスジというものです。

スジとは

両面待ちを前提とした、相手の捨て牌から考える守りとでも説明しましょうか。
実際に例を見た方が分かりやすいので、下をご覧ください。

相手の捨て牌

さぁ、このような捨て牌で相手にリーチをされたとしましょう。
例えば、この相手はリーチを仕掛けたときにを切りましたね。

考えてみてください。
     

このような牌、または
     

このような牌の待ちは考えられにくくありませんか?

なぜなら、自分が捨てた牌ではロンはできないからです。
わざわざリーチでテンパイを宣言しておいて、ロンできない待ちで待つことは普通しませんよね。

結局何が言えるか。

またはの両面待ちの可能性が低いということです。

したがって、が捨てられていたことから

で待っている可能性が低いということが言えるわけです。

※あくまでも両面待ちの前提です。

より詳しく

さきほど、が捨てられていたことから、が当たり牌の可能性が低いということ分かりました。これをスジと呼ぶわけですが、
  • 「1・4・7(イー・スー・チー)」
  • 「2・5・8(リャン・ウー・パー)」
  • 「3・6・9(サブ・ロー・キュー)」
このように、全部で3種類のスジがあります。

つまり、が捨てられていればは比較的安全牌だと考えられ、
が捨てられていればが比較的安全牌だと予想できる、
ということになります。

片スジ(カタスジ)には要注意!

  • 「1・4・7(イー・スー・チー)」
  • 「2・5・8(リャン・ウー・パー)」
  • 「3・6・9(サブ・ロー・キュー)」
がスジだからと言って、が捨てられていればも安全かというとちょっと違います。

少し考えればわかることですが、

のテンパイであれば 待ちにはなりますが、

のテンパイであれば、待ちとなってしまいます。

したがって、スジは完成しないことになります。
このように、片方だけのスジのことを、片スジと呼びます。片スジには騙されないように注意が必要です。

ちなみに、片スジの両方が捨てられていれば、スジは完成します↓↓

が捨てられていれば、はスジとなり、比較的安全牌となります。

スジは守りの基本の考え方になりますので、是非覚えておきましょう。


次項 壁(カベ)【見えている牌から考える守り】
前項 現物(ゲンブツ)【究極の安牌】

麻雀で勝つためにはトップへ
オススメ 激安麻雀マット&牌セット激安麻雀マット&牌セット
初めての人はまずは激安セットをゲットしましょう。毎日触ることが強くなるための第一歩!普通に買うより三千円程度お得です!

高級麻雀セット【竹】 高級麻雀セット【竹】
ステップアップには必須の高級セット。末永く人気のある一品!


28459424