配牌(ハイパイ) 麻雀ルール入門

トップページ麻雀ルール入門 >配牌(ハイパイ)

麻雀ルール入門

配牌(ハイパイ)

配牌(ハイパイ)とは、ゲーム開始時に各プレーヤーが牌を持ってくることのことです。
親は14枚子は13枚の牌を持ってきます。

洗牌(シーパイ)をする

洗牌(シーパイ)とは牌をよくかき混ぜることです。トランプとは違い、ひとつひとつの牌が大きいので雀卓の上でジャラジャラと手でかきまぜます。イカサマ防止のため全ての牌を裏返してやる場合もあります。

17列2段の山を積む

4人それぞれが17列2段の山を積みます。

親がサイコロを振る

親がサイコロ(2個)を振ります。

配牌を始める山

今回の例では出た目は「6」でした。
親から数えると6は親から見て右の「南家(ナンチャ)」です。
配牌をはじめる山は南家の山に決まりました。

配牌を始める場所

配牌を始める山は南家に決まりましたが、山の好きなところから取っていくという訳ではありません。

サイコロの目が6だったので、南家の山の右から6牌と7牌の境目を一度区切ります。

配牌を開始する

区切った7番目の列から2列ずつ「東家(親)」、「南家」、「西家」、「北家」の順で3回ずつ取っていきます
これで12牌ずつ取ったことになります。
冒頭で、親が14牌、子が13牌取ると説明しました。
最後に親は、北家が取った牌のところから1列目と3列目の上の牌だけを取ります。分かりやすいことから俗に「チョンチョン」と呼ばれたりします。
子は、南家、西家、北家の順に1牌ずつ取っていきます。

これで親が14牌、子が13牌取ったことになり、配牌が完了しました。


次項 ドラについて
前項 親決め

麻雀ルール入門トップへ
オススメ 激安麻雀マット&牌セット激安麻雀マット&牌セット
初めての人はまずは激安セットをゲットしましょう。毎日触ることが強くなるための第一歩!普通に買うより三千円程度お得です!

高級麻雀セット【竹】 高級麻雀セット【竹】
ステップアップには必須の高級セット。末永く人気のある一品!


22341908