点棒(点数)配分 麻雀ルール入門

トップページ麻雀ルール入門 >点棒(点数)配分

麻雀ルール入門

点棒(点数)配分

点棒(テンボウ)とは、各プレーヤーに配られる点数の役割をする棒の事です。
点棒は4種類あり、それぞれが違う点数を表しています。

100点棒←100点棒

1000点棒←1000点棒

5000点棒←5000点棒

10000点棒←10000点棒

配分

ゲームを始める前に、持ち点を何点にするかを決めます。

これはプレーヤー全員で何点にするかを自由に決めても良いのですが、一般的には「25000点の30000点返し」というルールになります。

100点棒×10本

1000点棒×4本

5000点棒×2本

10000点棒×1本

このように配ると計25000点になります。この25000点が各プレーヤーの最初の持ち点になります。

点棒は、リーチ、アガリ、フリコミ(相手にロンされること)、ノーテン、チョンボ(反則)などで移動が行われ、最終的に多い人が勝ちになります。(点数については後ほど詳しく説明します)

「25000点の30000点返し」の場合は、最初に与えられるのは25000点ですが、最終的には30000点を±0として計算します。ですから、28000点で終わったとしても実質はマイナス2000点ということになります。

清算方法

例えば、「25000点の30000点返し」のルールでゲームを行い、終了した時点の持ち点が

・プレーヤー1(45000点)
・プレーヤー2(32000点)
・プレーヤー3(18000点)
・プレーヤー4(5000点)

だったとします。

「25000点の30000点返し」なので、30000点が基準となります。

・プレーヤー1は、45000点-30000点=15000点(+15) 
・プレーヤー2は、32000点-30000点=2000点(+2
・プレーヤー3は、18000点-30000点=-12000点(-12
・プレーヤー4は、5000点-30000点=-25000点(-25

となります。
しかし、ここで清算が終了ではありません。

実は、「25000点の30000点返し」ならば、5000点×4人分で20000点が宙に浮いている状態になっています。その20000点(+20)をどうするかをゲームの前のあらかじめ決めておく必要があります

例えば「25000点の30000点返しトップ総取り」なら、1着の人に+20が全て加算されるルールなので、

・プレーヤー1は、45000点-30000点=15000点(+15)さらに+20となり+35
・プレーヤー2は、32000点-30000点=2000点(+2)
・プレーヤー3は、18000点-30000点=-12000点(-12)
・プレーヤー4は、5000点-30000点=-25000点(-25)

「25000点の30000点返し15の5」なら、1着の人に+15、2着の人に+5加算されるので、

・プレーヤー1は、45000点-30000点=15000点(+15)さらに+15となり+30
・プレーヤー2は、32000点-30000点=2000点(+2)さらに+5となり+7
・プレーヤー3は、18000点-30000点=-12000点(-12)
・プレーヤー4は、5000点-30000点=-25000点(-25)

このようになります。

麻雀の基本は1着を取ることが目的のゲームなので、1位総取りというルールの方が盛り上がるかもしれません。

点棒配分、清算については以上になります。
点数計算(役によって異なる)については後ほど詳しく説明していきます。


次項 場所決め
前項 ゲームの基本的な流れ

麻雀ルール入門トップへ
オススメ 激安麻雀マット&牌セット激安麻雀マット&牌セット
初めての人はまずは激安セットをゲットしましょう。毎日触ることが強くなるための第一歩!普通に買うより三千円程度お得です!

高級麻雀セット【竹】 高級麻雀セット【竹】
ステップアップには必須の高級セット。末永く人気のある一品!


26443867